肛門のトラブルが教えてくれた愛のメッセージとは - Healing 整体salon Crystal tree

症例の報告

cases

肛門のトラブルが教えてくれた愛のメッセージとは

ある時から肛門に痛みが走り、病院で切れ痔と診断。

飲み薬から塗り薬まで色々と試しましたが一向に治らない。。。

何かここにメッセージがあるはず、、、。

元々、皮膚の痒みが有り施術をしていましたが、この時を境に『症状 痔』へのアプローチが加わりました。

肛門は消化器官の終着点です。

『ある考え方の終わり、ある関係の終わり、何かを手放したい、手放せないことに抵抗がある』と読み解きます。

ご本人の中に、何か手放したいけど手放せない思いがありました。

出てきたキーワードは『母に対して』。

幼少期から母の機嫌により躾が厳しかった。なぜ怒られてるのかも分からずにバシバシ叩かれる。

小さい時の僕が、傷ついた心を抱えたまま大人になりました。
結果、捻くれて、どこか刺々しくて、頑固な僕が出来上がりました。

心の奥底では本当はお母さんに優しくしてもらいたかった、本当は優しく抱きしめて欲しかった。
そんな思いを大人になった今も抱え、どこか孤独を感じていました。

長年溜まった思いは、全身の皮膚が声を上げ、原因不明の痒みとして悲しみを表現していました。

皮膚疾患は対人関係をベースに拒絶や否定、評価を意味します。

大人になった今、昔と比べて小さくなった母の背中を見て、大事にしたい、、でも心がうまく付いていかない、、
いざ、久々に会うと、小さくなった母を愛おしく思う気持ちと、幼少期の記憶、、、。

複雑な思いを抱えながら年に1回過ごすお正月は、とても息が苦しいような、そうじゃないような、何とも言い難い時間でした。

でもそこにはしっかりと愛があります。

あえて言葉にはしなくても親子にしか分からない思い。

母と息子、お互いを思う愛。

ある時、小さくなった母は息子に対してこう言いました。

『立派になったね、やりたい仕事でしっかり稼いで、思う存分自分の人生を楽しんでいる、、偉いね、』と。

長年、張り詰めていたギスギスした思いが解けたように、優しい暖かい血液が身体に流れ始めました。

涙を堪えながら頷き、自分を抱きしめるような優しい時間を体感した僕は、

その日から、不思議と痔の痛みが和らいできました。

お母さんは頑張っている息子をちゃんと見ていました。

もしかすると、お母さんも口下手だったのかもしれません。

『痔』と『皮膚』と『母』

この3つのメッセージを読み解くと、

『僕をもっと愛して!もっと僕を大事にして!』
というお母さんに対しての思い、そろそろ手放そうね、ちゃんと愛されていたよ。

という優しいメッセージだったのです。

本当はずっと愛されていた、
親子だからこそ伝わらないことがある。

愛は想いだから、、、、うまく伝わらない時もある。

本当は大好きな母から愛されていた、と知った日から、会うたびに穏やかな表情をされるようになりました。

この施術のエネルギーが、お母さんにもっともっと暖かい波動となって届きますように。。。

幸せのベースは安心感♡

常に、症状は自分の味方です。
病気や症状は悪ではありません。

ここの認識が変わると、自分が生きたい人生を好転させていくことが出来ます。

どうか、一人一人が気づいて、自分の人生が幸せいっぱいの人生を歩めるように、

光を照らしていきます。

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました♡

人生の主人公は自分✨
今日も自分のために生きよう✨✨

お住まいの地域

東京都

年齢 性別 職業

40代 男性 会社員

施術回数

12回

お問い合わせ

CONTACT
お問い合わせは、問い合わせフォームまたはLINEよりご連絡ください。